愛犬のためにできること

与えていけない食べ物ってある?
タマネギ、長ネギ、ニンニクなどのネギ類やチョコレート、カフェインが含まれるコーヒー、紅茶などは絶対にダメです。

おいしく味付けされたものは人間にとってのごちそう。「人間がおいしいんだから、このコにとってもきっとおいしいはず」。そんな考え方は今日で終わりにして、「ワンちゃんに必要なものは何か」をよく考えて食べ物を選ぶようにしましょう。

こんな気になることにおすすめのフード

人とワンちゃんの食べ物は分けましょう

ワンちゃんは大切な家族の一員。ごちそうを食べて喜ぶ姿を見たいオーナーさんの気持ちもわかります……が、それがワンちゃんにとって良いこととは限りません。人とワンちゃんの身体では、必要とする栄養素のバランスや摂取量に大きな違いがあります。調味料が特に顕著です。私たちが普段、おいしいと感じる食事のほとんどは塩や砂糖、香辛料などで味付けされています。そんな調味料はワンちゃんの身体に必要なものかというと……。

人間は発汗によって水分とともに塩分を体外へ排出しますが、ワンちゃんは汗をかかないので、塩分は人間ほどたくさん必要ではありません。

砂糖

甘いものはワンちゃんも大好きなので、ついついあげ過ぎてしまいがち。食べすぎると肥満になるのは人間と一緒。肥満は心臓病や関節疾患の原因になり、尿石症や腫瘍のリスクを増加させるので要注意です。

香辛料

コショウ、カラシ、ショウガなどの香辛料で胃腸を刺激し、下痢などを引き起こす場合があります。しかも嗅覚の鋭いワンちゃんにとっては、香辛料の香りが強い刺激になります。

上記の調味料以外にも、ワンちゃんの身体に悪い影響を与える食材や食品があります。ここで代表的なものを紹介します。

ニラ、タマネギ、ネギ、ニンニクなどのネギ類は、ほとんどが中毒の原因になります。

ネギ類に含まれる成分がワンちゃんの赤血球を破壊し、中毒症状を引き起こすことがあります。加熱処理しても成分の影響は消えないので、「あとでネギをどければ大丈夫」というわけにはいきません。カレーやハンバーグ、すきやきなど、ネギ類と一緒に調理したものは食べさせないでください。

【症状】
貧血でぐったり/呼吸が荒くなる/血尿が出る/嘔吐・下痢/黄疸

チョコレートに含まれているテオブロミンという成分によって中毒症状が起きることがあります。とくに小型犬の場合、身体が小さいだけに摂取するチョコレートの量が少量でもキケンです。食べすぎると急性心不全を起こして死に至ることもあるほどです。くれぐれも注意しましょう。

【症状】
嘔吐・下痢/そわそわして落ち着かない/多尿になる/興奮する/ひどい場合はけいれんを起こす/心不全で死に至る

コーヒーや紅茶に含まれるカフェインという成分によって中毒を起こすことがあります。

【症状】
嘔吐・下痢/不整脈/多尿/尿失禁

鋭くとがった鶏や魚の骨は、食道や胃などの消化器官を傷つけ、穴を開けてしまうこともあります。ワンちゃんには骨そのものではなく、骨をよく煮出したスープだけを食べさせるなどするとよいでしょう。

【症状】
よだれを流す/吐くようなしぐさ/しゃっくり/落ち着きがなくなる/食欲がない

タコ、イカ、エビの内臓部分にはビタミンB1を破壊する酵素が含まれていて、生で食べると急激なビタミンB1欠乏症になることがありますので、十分に加熱しましょう。身体の小さいワンちゃんはナッツ類がのどに詰まってしまうこともあるので注意しましょう。

【症状】
食欲がない/体重が減る/嘔吐する

卵白中に含まれる成分によってビタミンのバランスを崩すことがあります。加熱すればその作用はなくなります。

【症状】
下痢/脱毛/皮膚炎

ケーキやクッキー、アイスクリームなどの食べすぎで太ってしまうのは人間もワンちゃんも一緒です。肥満は心臓病や関節疾患などの原因になります。また、乳製品に含まれる乳糖が原因で下痢することがあります。できるだけ食べさせないようにしましょう。

【症状】
肥満/下痢

閉じる

人間の食べ物に期待させないことが大事

食卓に並ぶ人間の食べ物からワンちゃんを守るいちばんの方法は、「前例を作らない」です。

来客のたびに何かを食べさせていると、ワンちゃんが「お客さんが来ると何かもらえる」ことを学習して、自分のご飯を食べなくなることもあります。反対に、誰か訪ねてきても何ももらえないと思っていれば、ワンちゃんも余計な期待をしなくなります。お家を訪ねてきたお客様が何かをあげそうになったら、「おやつはあげないでね」としつけに協力してもらいましょう。

またすでに何かをもらうことを覚えてしまったワンちゃんには、人間の食べ物のかわりにドッグフードを少量あげるようにしたり、おもちゃなどで食事から気をそらしたりして、できるだけ自分のご飯以外のものを食べさせないように心がけましょう。

閉じる

こんな“気になること”
おすすめのフード

  • 12ヶ月までの子犬用(パピー)

    • 免疫力を維持し、健康を維持
    • 健康的な便
    • 健康的な脳の発達をサポート

    製品詳細へ

  • 24ヶ月までのすこやかサポート

    • 骨と筋肉の健康維持
    • 胃腸の健康維持
    • 抜群の嗜好性

    製品詳細へ

  • 美味しさにこだわる犬用

    • 抜群の嗜好性
    • 美しい毛づやの健康の維持
    • 腸内環境の健康を維持

    製品詳細へ

知っておきたい?犬種の特徴

ミニチュア
ダックスフンド
チワワ
トイプードル
柴犬
シーズー
ヨークシャーテリア
パピヨン
ウェルシュ・コーギー・
ペンブローク

ミニチュア
ダックスフンド

犬種別一覧