愛犬のためにできること

気になる毛ヅヤ。栄養バランスがよくないの?
タンパク質、リノール酸などの必須脂肪酸、ビタミン、亜鉛などが健康な皮膚、被毛の維持に重要な働きをします。毎日の食事でバランスよく摂ることで、健康な皮膚と被毛をつくれます。

皮膚と被毛を形成するタンパク質、必須脂肪酸やビタミンB群、亜鉛などの栄養素が張りのある皮膚やツヤツヤした被毛の維持につながるため、毎日の食事がとても大切になります。ブラッシングなどのお手入れ時に皮膚や被毛の状態に気を配ってケアしてあげてください。

こんな気になることにおすすめのフード

皮膚や被毛の維持にかかわる栄養素

タンパク質

皮膚と被毛を形成する最も重要な栄養素です。アミノ酸のチロシン、シスチン、トリプトファンが不足すると、メラニン色素が作れず、皮膚と被毛の色が薄くなります。また、硫黄を含むアミノ酸のシステインやメチオニンは欠乏すると皮膚が乾燥し、被毛はツヤがなくなり、折れたり切れたりしやすくなります。

必須脂肪酸

リノール酸などの皮膚や被毛の健康維持に重要なのが必須脂肪酸です。必須脂肪酸が欠乏すると、フケが出たり、毛ヅヤがなくなり、脱毛やかゆみを生じます。DHAなどのオメガ3脂肪酸は炎症を抑える作用があり、かゆみを和らげるのに役立ちます。必須脂肪酸は体内で生成できないため食事から摂取しなければなりません。

ビタミン

ビタミンAは、細胞の増殖と分化を調節します。過剰でも欠乏しても、表皮の角質化が進んだり、フケが増えたりします。ビタミンB群は、欠乏すると表皮の角化異常と脱毛が起こります。抗酸化作用のあるビタミンEが欠乏すると、フケの増加、細菌感染、脱毛などが起こります。ビタミンA、Eなどの脂溶性ビタミンは摂り過ぎると脂肪組織にたまって中毒を引き起こすこともあります。バランスよく過不足ないように摂取することが大切です。

ミネラル

ミネラルのうち、皮膚と被毛の健康にとくに重要なのは亜鉛です。リノール酸との相乗作用があり、同時に給与することで毛ヅヤが改善して、フケが減少することがウォルサム®の研究で発見されています。また、銅はメラニンの合成と角質細胞の分裂に関与しているので、不足すると皮膚、被毛の色が薄くなってしまいます。

閉じる

皮膚や被毛に影響を与える要因

皮膚や被毛に最も影響を与える要因として、栄養素の過不足が挙げられます。栄養素の欠乏はドッグフードの発達や総合栄養食の普及によってかなり発生率が低下していますが、皮膚の状態を悪くする要因が消えたわけではありません。栄養バランスを考慮しない手作りフードやサプリメント、また食事の保存状態の不備によっても皮膚の状態が悪くなることがあります。また、ワンちゃんは多くの疾患で皮膚と被毛の状態が悪化することがあります。異常を感じたら早めに獣医師さんに診てもらってください。

閉じる

こんな“気になること”
おすすめのフード

  • 室内犬用

    • 気になる口臭ケア
    • 糞便の量と臭いに配慮
    • 体重ケア[低脂肪設計]

    製品詳細へ

  • 美味しさにこだわる犬用

    • 抜群の嗜好性
    • 美しい毛づやの健康の維持
    • 腸内環境の健康を維持

    製品詳細へ

  • 皮膚・毛づやを
    ケアしたい犬用

    • 健康的な皮膚の維持
    • 美しい毛づやの健康の維持
    • 低アレルゲン性主原料

    製品詳細へ

知っておきたい?犬種の特徴

ミニチュア
ダックスフンド
チワワ
トイプードル
柴犬
シーズー
ヨークシャーテリア
パピヨン
ウェルシュ・コーギー・
ペンブローク

ミニチュア
ダックスフンド

犬種別一覧