愛犬のためにできること

皮膚・被毛のお手入れポイントは?
日々のスキンシップや毎日の散歩後、ブラッシングやシャンプーなどのお手入れ時に、ワンちゃんの体に異常はないかチェックしましょう。

ワンちゃんを抱いたり、なでなでしたりするスキンシップやブラッシングなどのお手入れから得られる情報を見逃してはいけません。ノミ、マダニが付着していないか、被毛のハリツヤなど毎日のコミュニケーションを兼ねて、ワンちゃんの体に異常はないかチェックしましょう。

こんな気になることにおすすめのフード

皮膚と被毛のチェックポイント

皮膚は「全身の鏡」と言われ、健康状態を反映しています。スキンシップを兼ねて、愛犬の健康状態をチェックしましょう。

痒がっているところがないか

傷や湿疹、イボ、赤く腫れた部分などがないか

フケや黒い砂粒状のものが毛の根元にないか(特に首筋から背中、腰にかけて。砂粒を見つけたら、濡れたティッシュの上にしばらく置いてみましょう。茶色くにじみが出てきたら、ノミの糞の可能性があります。)

はげたり、毛が折れて短くなっている部分がないか(ストレスや真菌症の可能性があります)

毛玉がないか(長毛種。特に耳の根元、胸、脇、ヒジ、お腹、モモからお尻にかけて)

抜け毛が残っていないか(アンダーコートの多い犬種。特に耳の根元、胸、脇腹、ヒジ、モモからお尻にかけて)

ダニやノミがいないか

毛が赤茶色く変色した部分がないか(特に指の間。ストレスや痒みでなめ続けていると毛が赤茶色く変色します。)

閉じる

お手入れのポイント

ブラッシング

体についたホコリ、抜け毛や毛玉を取り除き、皮膚の通気性をよくします。皮膚のコンディションやトラブルの有無をチェックしておきましょう。

犬種ごとのブラッシング方法もこちらでご紹介しています。

ダックス | チワワ | シーズー | トイプードル | ヨークシャーテリア | パピヨン | コーギー

汚れ、臭いを拭き取る

お尻のまわり、足の裏など汚れやすい場所はきれいに拭いてあげましょう。このほかにも目のまわりや、皮膚の汚れなど気になる部分は拭き取るようにします。

シャンプーで全身チェック

全身が濡れていると、普段被毛に隠れて見えない体の状態がよく分かります。洗いながら何か異常はないか、チェックしてみましょう。濡れたままでいるのは体が冷えて負担になります。手早く乾かしましょう。

肛門嚢を絞る

肛門の下にある肛門嚢にはニオイの強い分泌物がたまります。ワンちゃんによっては分泌物を排泄することが出来ず、皮がむけたり、化膿してしまうことも。
シャンプーや動物病院に行ったとき、肛門嚢から分泌物を絞り出してあげましょう。しっぽを持ち上げ、肛門の下左右を親指と人差し指で挟み、押し上げるように絞ります。

目、耳のトラブルをチェック

目のまわりに付着したゴミやホコリは、水を含ませたガーゼや脱脂綿でまめに拭き取ります。耳は、特に垂れ耳の犬種は注意が必要です。ニオイや汚れがひどいときは市販の耳洗浄用のローションで耳を洗い、浮いた汚れを脱脂綿で拭き取ります。爪もマメに切って、伸びすぎないよう注意してください。

閉じる

こんな“気になること”
おすすめのフード

  • 室内犬用

    • 気になる口臭ケア
    • 糞便の量と臭いに配慮
    • 体重ケア[低脂肪設計]

    製品詳細へ

  • 美味しさにこだわる犬用

    • 抜群の嗜好性
    • 美しい毛づやの健康の維持
    • 腸内環境の健康を維持

    製品詳細へ

  • 皮膚・毛づやを
    ケアしたい犬用

    • 健康的な皮膚の維持
    • 美しい毛づやの健康の維持
    • 低アレルゲン性主原料

    製品詳細へ

  • 12ヶ月までの子犬用(パピー)

    • 免疫力を維持し、健康を維持
    • 健康的な便
    • 健康的な脳の発達をサポート

    製品詳細へ

  • 24ヶ月までのすこやかサポート

    • 骨と筋肉の健康維持
    • 胃腸の健康維持
    • 抜群の嗜好性

    製品詳細へ

知っておきたい?犬種の特徴

ミニチュア
ダックスフンド
チワワ
トイプードル
柴犬
シーズー
ヨークシャーテリア
パピヨン
ウェルシュ・コーギー・
ペンブローク

ミニチュア
ダックスフンド

犬種別一覧