愛犬のためにできること

食べ物の選り好み、どうしたらいいの?
特に小型犬は食べ物を選り好みする傾向が強いです。口に合う大きさの粒や、嗜好性の高い味と香りを持つフードを試してみてはいかがでしょうか。

ワンちゃんは体格が小さいほど、食べ物の好き嫌いがあると言われています。小型犬ほど食べ残しが多く、フードによって食べたり食べなかったり選り好みする傾向があるようです。

こんな気になることにおすすめのフード

小型犬ほど選り好みする傾向

小型犬や超小型犬ほど、オーナーさんにかわいがられ一日中いろいろな食べ物やおやつをもらったりします。そうした結果、選り好みするようになったのでしょうか…。どうしても食べない場合の解決方法として、小さい口に合う粒のサイズと形、味や香りにこだわった嗜好性の高いフードをあげてみてはいかがでしょうか。

閉じる

食べ残したらどうするの?

たとえ食べ残しがあっても、器はきちんと片づけましょう。そのまま放置しておくと雑菌が繁殖してしまうことがあります。また、「もっとおいしいものが出てくるかも……」と、ワンちゃんが期待して食事を残すこともあります。食べないからと際限なくおいしいものを与えるのは好ましくありません。フードをもっと欲しがるようなときには、おもちゃなどで遊びに誘い気を反らすとよいでしょう。仮に、次の食事でも食べ残したら、ワンちゃんにとって本当に合わないのかもしれません。そうしたときは別のフードを試してみましょう。

閉じる

ドッグフードはどうやって選ぶの?

味や香りも大事ですが、ワンちゃんに必要な栄養素がバランスよく摂取できているか気になりますね。パッケージに「総合栄養食」の表示のあるフードは、栄養バランスに配慮されており安心できます。「総合栄養食」のフードにも、味やフレーバーなど多くの種類がありますから、愛犬の特徴に合ったものを選びたいものです。体型の特徴や身体機能の特徴など特定の犬種向けに開発したフードもあります。

閉じる

こんな“気になること”
おすすめのフード

  • 12ヶ月までの子犬用(パピー)

    • 免疫力を維持し、健康を維持
    • 健康的な便
    • 健康的な脳の発達をサポート

    製品詳細へ

  • 24ヶ月までのすこやかサポート

    • 骨と筋肉の健康維持
    • 胃腸の健康維持
    • 抜群の嗜好性

    製品詳細へ

  • 美味しさにこだわる犬用

    • 抜群の嗜好性
    • 美しい毛づやの健康の維持
    • 腸内環境の健康を維持

    製品詳細へ

知っておきたい?犬種の特徴

ミニチュア
ダックスフンド
チワワ
トイプードル
柴犬
シーズー
ヨークシャーテリア
パピヨン
ウェルシュ・コーギー・
ペンブローク

ミニチュア
ダックスフンド

犬種別一覧