愛犬のためにできること

すぐにお腹を壊します
フードを適量を与えているか確認してください。量に問題がなければ、消化率の高いタンパク質や、食物繊維が適度に含まれた消化しやすい高品質なドッグフードを与えましょう。

消化・吸収がしっかり行われているかは、糞便の状態から把握できます。便は軟らかすぎても硬すぎても良くありません。ウォルサム®研究所では、糞便スコアが1.5~3.5までを許容範囲とし、1.5~2.5を「理想的な便」としています。

こんな気になることにおすすめのフード

ウォルサム®糞便スコアチャート

ウォルサム®研究所では、犬の便の見た目にスコアをつけています。下のチャートで、グレード1.5~3.5の間に入っていれば許容範囲であり、理想的な便はグレード1.5~2.5となります。

閉じる

「消化」や「胃腸の健康」はなぜ大切?

ワンちゃんの健康は食べたものによって大きく左右されます。食べたものをしっかりとからだの栄養にしていくためには消化と吸収が大切です。消化の良い食べ物は、栄養素を分解しやすく、胃腸の健康維持にもつながります。
便の状態を見ることは、消化や胃腸の健康を確認するためのわかりやすい方法です。

閉じる

こんな“気になること”
おすすめのフード

  • 12ヶ月までの子犬用(パピー)

    • 免疫力を維持し、健康を維持
    • 健康的な便
    • 健康的な脳の発達をサポート

    製品詳細へ

  • 24ヶ月までのすこやかサポート

    • 骨と筋肉の健康維持
    • 胃腸の健康維持
    • 抜群の嗜好性

    製品詳細へ

  • 美味しさにこだわる犬用

    • 抜群の嗜好性
    • 美しい毛づやの健康の維持
    • 腸内環境の健康を維持

    製品詳細へ

  • 室内犬用

    • 気になる口臭ケア
    • 糞便の量と臭いに配慮
    • 体重ケア[低脂肪設計]

    製品詳細へ

知っておきたい?犬種の特徴

ミニチュア
ダックスフンド
チワワ
トイプードル
柴犬
シーズー
ヨークシャーテリア
パピヨン
ウェルシュ・コーギー・
ペンブローク

ミニチュア
ダックスフンド

犬種別一覧